2011年9月25日日曜日

赤外線カメラの話

先日エネループが見当たらないので探していたら、どうやらカメラに入れっぱなしのまま捨てられるところだったようです。ギリギリセーフ!
電池と一緒にせっかくなのでカメラ頂いてきました。

CAMEDIAのX-100という機種なのですが、
単三電池駆動、光学ファインダー付、3.2Mpixel
と、記録用のサブ機にぴったりなのですが、問題が記録媒体がXDピクチャカードという点。
現在普及しているSDカードと比べてはいけないくらいの割高感です。(広く普及したSDカードが値下がってるだけか)

流石にこのカメラのためにメモリーカードを買う気になれるかといわれると「無い」ので、残念ながら壊す覚悟で分解してみました。

分解しながらネット見ていたのですがどうやらジャンクなカメラを赤外線カメラに改造するのは結構ポピュラー(?)みたいで、面白い写真が撮れそうだったのでダメもとで路線変更して赤外線カメラにしてみることにしました。

赤外カットフィルタを外したCCD
赤外線カットフィルタ。
赤外線カットフィルタはCCDのところに、ゴムのようなものではめ込んでありましたので、マイナスドラライバなどで簡単に取れます。埃に注意しましょう。
そして最後可視光線をカットするフィルタ「IRフィルタ」を付ければ完璧なのですがもちろんそんなものありません。
幸いにもカラーネガの端の感光した部分(真っ黒なところ)で代用できるそうなので、2枚重ねにしてレンズの前につけて完成です。
なぜか画像が勝手に回転して縦に…。


液晶ファインダーから覗いてみると不思議な像が写っていました。
使い道がないから改造したはずがメモリーカードが欲しくなってしまった…。


※赤外線カットフィルタを取らずとも、IRフィルタのみでも可能ですが、今回は感度を上げるため+壊れてもいい覚悟のために外してしまいました。外すとAFがずれてしまうそうですが、液晶からは確認できませんでした。。
メモリーカードが借りれたら検証したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿