2012年1月10日火曜日

コア欠けにご注意を

明けましておめでとうございます。2012年最初の投稿になりますね。
年はじめの連休も終わり、これから通常運転に戻っていくころでしょうか。
今年もどうかよろしくお願いします。

今回は、サブ機(ThinkPad R60e)のCPUを換装してみたのでどんな感じに変わったのか書いておきたいと思います。

今回乗せたCPUは(本当はCeleron M 450が良かったのですが手に入らなかったので)Core Solo T1350です。
今まで標準で乗っていたCel M 410と比べて大きな変更点は、

周波数 1.46GHz→1.86GHz
L2キャッシュ 1M→2M

なところですね。
Celeron向けチップセットの関係でシングルコアのCPUしか乗らないのと、FSBが533MHzなのを考慮してこの選択になりました。(667MHzのものも動くは動くみたいですが)


というわけで実際にプログラムを動かした結果を比べて見ます。(ソフトは適当な軽さと扱いやすさを考慮してテキトーに決めました。突っ込まないでね。)



[super pi 419万桁]
◇Celeron M 410 @1.46GHz
4m26s
◇CoreSolo T1350 @1.86GHz
3m25s


[タイムリープぶーとべんち(800*600)]
◇Celeron M 410 @1.46GHz
13FPS
◇CoreSolo T1350 @1.86GHz
17FPS


[ちはやローリングWE(75%)]
◇Celeron M 410 @1.46GHz
344798m
◇CoreSolo T1350 @1.86GHz
323714m



このような結果になりました。
単純な計算と3Dゲームではスコアがあがっていますが、最後の「ちはやローリング」でなぜか下がっていますね。(ちはやローリングではGPUとCPUのバランスで測定するそうなのでバランスが崩れたのでしょうか…。)


ついでにメモリを寄せ集めの152MBx2→2GBx1にしてみたところ、この結果より下がりました。多少なりともデュアルチャンネルが効いているのでしょうか。本当は1GBを2枚積みたいところですが、DDR2はDDR3ほどは安くはないので少し戸惑ってしまいます。



最後に参考程度に家にある他のPCの結果も貼っておきます。


[super pi 419万桁]
◇inspiron 530(Core2Duo E4500 @2.92GHz)
 1m55s
◇D525MW自作機(Atom D525 @1.8GHz)
 6m59s
◇EeePC 701SD-X(Celeron M 353 @0.96GHz)
 7m34s
◇AOpen AX6BC自作機(Celeron 533A@0.53GHz)
 23m1s
◇DIMENSION 5100C(Pentium 4 630@3GHz)
 3m56s


[タイムリープぶーとべんち(800*600)]
◇inspiron 530(Core2Duo E4500 @2.92GHz)
 123FPS
◇D525MW自作機(Atom D525 @1.8GHz)
 9FPS
◇EeePC 701SD-X(Celeron M 353 @0.96GHz)
 8FPS
◇DIMENSION 5100C(Pentium 4 630@3GHz)
 18FPS


[ちはやローリングWE(75%)]
◇inspiron 530(Core2Duo E4500 @2.92GHz)
 1063359m
◇D525MW自作機(Atom D525 @1.8GHz)
 353834m
◇DIMENSION 5100C(Pentium 4 630@3GHz)
 385962m

0 件のコメント:

コメントを投稿