2012年2月11日土曜日

機能制限解除に行ってきました。

ソフトバンクの携帯電話ではSIMカードが無いと待ち受け画面から電源と緊急発信以外の操作を受け付けなくなってしまい、まさに文鎮同様になってしまいます。

自分で本体内に保存したメール、電話帳、写真などのデータは一切見ることができなくなってしまうのです。
解約済みのSIMが入っていれば見れるという話もありますが、(自分も初めはそうでしたが)しばらくすると解約済みSIMでも見れなくなってしまいました。
端末代をきちんと払ったのにもかかわらず、機種変更などでSIMカードを入れ替えた場合には、SIMカードが入っていない端末はまったく使えなくなってしまうのです。
これはちょっと納得いきませんね。(SIMカードが入っていない。つまり通信サービスが無い状態で緊急発信ってできるのでしょうか…)


しかし、この「機能制限」が解除できる端末が、003SH,005SHをはじめとしてアンドロイド端末で増えています。(しかし、最新機種だからといって対応しているわけではないようです。)
製品ページの一番下、「ご注意」の欄に

「一部の機能(ワンセグの視聴やカメラ機能など)は、ご契約中の有効なUSIMカードが取り付けられていない状態ではご利用できませんが、携帯電話機の代金をすべてお支払いいただいている場合は、ソフトバンクショップで、電話帳やカメラなどの機能が使えるようにお手続きすることができます。」

と書いてあることが条件です。

というわけで、今時分が使っている005SHも対応しているのでお店に行ってきました。
機能制限解除をしたいと言うと、バッテリーの下にあるバーコードを読み込んで、SIMカードを入れ替えてバーコードを読み込んでといろいろと作業をしていましたが手続きは割とすんなりでした。
お店で画面ロック解除したりするのは面倒だとおもい、パスワードを解除して行ったのですが、すべての作業を向こうでやられてしまったのが少し気持ちが悪かったですね。「時間がかかるので向こうで座っててください」なんて言われましたが、いろいろ入ってる携帯を渡して遠くに行くのはちょっと躊躇してしまいますね(考えすぎか)。ちなみに僕は断れないタイプです。

そんなこんなで特に身元を確認されることも無く解除してきました。

通信サービス無しってのが常に通知領域に表示されるのが気になります…。

普通に使えました。感動です。普通はこうであるべきなんだとおもいますがどうなのか。

1 件のコメント:

  1. 私も機能行って来ました。その場で直ぐにやってもらいました。

    返信削除