2012年2月23日木曜日

windowsのサポート期間について

XPの全エディションに延長サポートが適応され、Vistaのほうがサポートが短くなってしまった!
っていうのは割と有名ですが、今年2月にそれが覆されることとなっていたようなので調べてみました。


○XPについて
 ・2001年発売。
 ・メインストリームサポートはVista発売の2年後、2009年。
 ・延長サポートはその5年後の2014年(2007年にコンシューマ向けエディションも加わる)
 ・寿命約13年

○Vistaについて
 ・2007年発売。
 ・メインストリームサポートは発売の5年後、2012年。
 ・延長サポートはその5年後の2017年(2014年にコンシューマ向けエディションも加わる)
 ・寿命約10年

○7について
 ・2009年発売。
 ・メインストリームサポートは発売の5年後、2014年。
 ・延長サポートはその5年後の2020年(2014年にコンシューマ向けエディションも加わる)
 ・寿命約10年


というわけで結局のところ、今回の発表でエディションによってのサポート期間の差はなくなってしまったといった感じでしょうか。
それにしても発表が遅すぎる気がしますね。Vistaのサポート期間があと2ヶ月というところ、「そろそろサポート切れるから乗り換えなければ」と思ったころにこの発表です。もう少し遅かったら7のproを買ってしまうところでした(サポート期間を考えて)。
とりあえずサポートは発売日順に終わっていく感じですね。Vistaちゃんも納得の結果です。
OS10年も持てば満足です。そのころにはPCごと買い替え時でしょう。

それにしても慌ててXPをセットアップしたのですがまたVista入れなおしですかね…。はぁ。

/*ひとりごと*/
Vistaは散々酷い言われようですが、自分はなんだかんだで結構使いやすいと思っています。
XP以前の操作感を残したままに、エクスプローラあたりがちょっと使いやすくなってます。しばらく使ってからXPに戻ると少し不便を感じてしまいますね。と言いつつも軽さと機能のバランスはXPがいいと思ってる。
7になってUIががらりと変わり、操作も結構変わったように思います。製品版は持ってないのでなんともいえませんね。
新しい環境に体が受け付けなくなってるだけかも知れませんね。歳か。7も慣れれば使いやすいのだろうと思います(ただしあのペイントはNG)
ただひとついえるのは、Vistaが発売された当初の家電メーカー製PCのスペックは低すぎます。

0 件のコメント:

コメントを投稿