2012年4月2日月曜日

少し昨日の続き


早いものでもう4月なんですね。(昨日からです←)
いつまでもこうしてはいられませぬ…。


と、ようやく携帯の設定が一通り終わったので気になったところを。

まず外観から。(GALAPAGOS SoftBank 005SH と Xperia acro HD IS12S)

見た目的にはほとんど大きさは変わらないのですが、やっぱり大きくなってます。
あと、キーボードが無い分薄いのは当たり前ですね。
持ってみると差は歴然です。最近は何でも小型化、薄型化なイメージなのですが、カメラとかは薄すぎても使いづらいですよね。程よい厚みは大事かもしれない。

周りはラバーっぽくなってます。ペンタブのペンもこんな感じだったのですが、ベタベタになってきたり、持ったときに爪があたる部分からはげてきたり。っていうのがあったのでちょっと心配です。カバーは付けたほうがいいですかね。

防水なので端子のカバーはガッチリです。なので充電スタンドは結構便利なのですが、もちろんカバーを付けたままだと立ちません。むむ…。
防水と関係あるのかわからんですが、脇についてるボタンもみんな固めですね。


ソフト的な所になると、ロック解除せずともカメラボタンを押すだけですぐにカメラが起動できるのがいいですね。
標準だとカメラ起動と同時に撮影してしまう設定なので注意ですね。
あと、005SHではカメラの設定(フォーカス設定とか)が一部しか保存できなかったのですが、IS12sでは全部設定を保持してくれますのでありがたいです。ただ、クイック起動だと強制オートモードなので、そこも設定できるとよかったかな。

しかし便利なことに変わりはありません。カメラ自体の性能も1200万画素と大きめ(個人的に画素数大≠高画質ですが、画像が大きければ縮小で誤魔化せるのでやっぱり大きいほうが画質いいんじゃないかな。と思ってます。)で、十分な画質です。いままでスナップ・記録用にex-z55を持ち歩いていたのですが、十分置き換えできますね。
その場でネットにアップして、PCと共有もできるのでむしろそっちのほうが便利かも。
室内でこんな感じに写ります。(ペイントで縮小してjpegで上書きしてるので汚いですごめんなさい)
縮小で誤魔化すとは言ったものの、そのままでも十分きれいなんですよね。これが携帯電話なのか…!と思わせられます。ついにここまで来たんですなぁ。

下の3つのボタンはやっぱり物理ボタンのほうが安心ではありますね。押した感がないとちゃんと押せてるのか分かりませぬ、というよりたまに反応しません。
005SHではタッチパネルの調整ができたのですが、こっちはできないようです。うーん。

解像度も800×480,1280×720と、かなり差があります。
ドットピッチにして0.103mmと0.074mm。
ppiにして246と342。
結構きれいです。
あいぽん4sのRetinaは326ppiなのでそりゃきれいですね。これだけ細かいとドット欠け気づかないんじゃ…。

でもUI関係は005SHのほうがすきですね。標準でバックグラウンドのアプリを管理できるのも便利なのですが、特に、各種設定がダイレクトにできる通知領域がかなり使いやすいです。画面の明るさ、wi-fi、画面の自動回転、マナーモードなど。慣れると手放せないですね。ウィジェットと違って一々ホーム画面に戻る必要も無いです。

…と、だらだら書いても仕方ないので(詳しい人のレビュー見たほうが有益)ここら辺で。


005SHがwi-fi運用となったのですが、常に通信サービス無しって出てるのが気になります。圏外だと電池が減りやすいっていうのもあるので少し心配ですが様子見ですかね。どうしようもないです。
ますますネットブックの立場が無くなっていく…w


でかくて、高性能で、綺麗なのもいいですけど最近大型化しすぎ感も。大きなスマートフォンがあれば小さなタブレットがあって、境界がよくわからんです…。やっぱり携帯は小さくあるべきって考える自分的には(といってもPCより遥かに小さいサイズでのハイスペックというのも魅力的なんですがね!)Xperia X10 mini pro とか、Xperia mini proとかもかなり気になってました。(またキーボード付き←)めちゃくちゃ可愛いですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿